​夕日ヶ浦温泉 陽のいらか

〒629-3245
京都府京丹後市網野町浜詰43番地

TEL: 0772-74-0555

FAX: 0772-74-0111

ロゴ横-100.jpg
  • 陽のいらか

蟹料理に合う地酒


こんにちは。陽のいらかのスタッフです。寒い日が続いたと思いきや、また温かい日が続いていますね。梅もすでに咲き始めていて、2月半ばにして春の訪れを感じます。今年は桜の開花も例年より早いかもしれませんね。


さて陽のいらかでは、蟹に合う地酒をご用意しています。木下酒造さんが醸す「玉川」そして熊野酒造さんが醸す「久美の浦」をそれぞれご用意しています。どちらも地元住民に愛される日本酒ですが、それぞれどんな味わいがあるのかを今回はご紹介していきます。


「久美の浦」は地元の中では辛口といわれるお酒で日本酒度は+1です。丹後のお酒はどれも芳醇でまったりとした味わいをしています。そのため辛口といえど、世間一般で言われる辛口のような味わいとは少し異なります。実際の味わいとしてはフレッシュな甘みの後に酸味と旨味がひろがるような味わいです。蟹のお刺身や焼き蟹、茹で蟹とよく合うかと思います。


「玉川」も地元では辛口に分類され、日本酒度はこちらも+1。日本酒はふつう低温で熟成されるのですが、玉川は常温で熟成されています。そのため「変化が面白いたくましい酒」と言われています。実際の味わいは酸味と旨味をがつんと感じる味わいです。蟹の天ぷらや黒毛和牛の鉄板焼によく合うかと思います。


どちらの地酒も芳醇な味わいをしていますので、冷より燗をおすすめしています。寒い冬に蟹料理と熱燗で一杯。冬だからこそ楽しめる贅沢な食事ですね。当館へお越しの際はぜひ丹後の地酒も楽しんでくださいね。


蟹料理は3月末まで販売しています。ご予約お待ちしています!


■蟹のフルコースの詳細はこちらから

■4月以降の会席料理はこちらから





30回の閲覧